代表からのメッセージ

時代が変わっても、
大切なものは変わらない。
私たちは感動の立会人として
今日を生きています。

写真:取締役社長

明治12年、株式会社ホッタは名古屋の地で産声を上げました。
以来、時計商として140年ものあいだ、お客様の特別な日、特別な時間の立会人として時を刻み続けてきたのです。
昇進の記念に、結婚の記念に、そして新しく生まれてくる命のために。
時計ひとつひとつに込められたその物語に、なにひとつとして同じものはありません。
昨今、ネット通販などの市場が急成長していますが、どんなに時代が変わったとしても、このような人の想い、人の願いが変わることはないでしょう。
むしろ店頭で購入することの特別感や、時計のプロフェッショナルから購入することへの期待は、今後ますます高まっていくに違いありません。

写真:取締役社長

何十年と使い続けることができる時計は、親から子へと世代を越えて受け継ぐことができる。
私もまた、父から譲り受けた時計を、今も大切に身に着けています。
ホッタの使命は、時計を販売することではありません。
お客様がなぜ購入を検討されているのか、どんな物語を抱えて足を運んでくださったのかを全身で受けとめ、創意工夫によって、時計を手にしたときの感動を、時計を手渡したときの感動をお届けすることです。

写真:取締役社長

「この店なら安心して託せる」
「あなたに選んでもらってよかった」
お客様から感謝の言葉を頂戴できること、お客様から名前で呼んでいただけること、それこそが私たちの仕事であり、生きがいです。
ただ、お客様の記憶に留まるような接客は、一朝一夕にできるものではありません。
我々の理想を体現するためには、お客様ひとりひとりの物語に寄り添える人財、社員ひとりひとりが安心して働ける環境が必要不可欠です。
人こそが私たちの財産であり、原動力そのものだと言えるでしょう。
この世界に、たったひとりしかいない、特別なあなたへ。
お客様の、仲間の“ありがとう”を生み出し、ときに“ありがとう”に支えられながら、私たちと一緒に時を刻んでみませんか。
最終面接には、私も立ち会います。
人の喜びを、自分の喜びに。
あなたとお会いできる日を、今から楽しみにしています。

株式会社ホッタ
取締役社長 堀田 峰明